機械式時計の寿命を延ばすことが出来るオーバーホール

機械式時計の寿命を延ばすことが出来るオーバーホール

機械式時計の内部は精密部品がたくさん!

機械式時計は金属製の板が渦巻き状に巻いてあるゼンマイを動力とした時計です。

ゼンマイは巻き上げると元の状態に戻ろうとする性質があり、この性質を利用して機械式時計は誕生しました。

ゼンマイは元の状態に戻ると、それ以上戻る力がなくなるので、ゼンマイを定期的に巻いてあげる必要があります。

但し、機械式時計には手動巻と自動巻きの2種類があり、自動巻きの場合は内部のローターが回転する事でゼンマイを自動的に巻いてくれるので手間いらずと言えましょう。

但し、ローターが回転するために腕にはめている必要があります。

ローターは腕が動く事で回転する精密部品であり、机の引き出しにしまったままにしてしまうと精密部品が劣化を起こし、正確な時間を刻めなくなる、ゼンマイ自体も劣化が進めば、ゼンマイを巻く頻度も多くなってしまいます。

分解掃除が機械式時計の寿命を延ばす

機械式時計の内部には大小様々な歯車やネジなどの部品があり、歯車が円滑に回転するための潤滑剤が塗布してあります。

腕時計内部は密閉が行われているのですが、隙間などから埃が入り、潤滑剤と埃が混じると潤滑作用が悪くなる、部品自体の劣化にも繋がります。

さらに、部品は金属で出来ているため、湿気などにより錆てしまう事もあるなど、部品の劣化を防ぐためには分解掃除が必要不可欠です。

分解掃除の事をオーバーホールと呼びますが、機械式時計は数年に一度の割合でオーバーホールを行えば、常に正常な状態で精密部品は動作をし、正確な時を刻む腕時計になります。

パテックフィリップとは、スイスの三大高級腕時計メーカーの一つです。デザインに優れていて、どんなに古くても修理するという永久修理を行っているため、一生ものの腕時計と言えるでしょう。