注意すべきポイントをしっかり押さえて屋上緑化を楽しもう!

注意すべきポイントをしっかり押さえて屋上緑化を楽しもう!

地球に優しい屋上緑化

建物の屋根や屋上部分を緑化することを「屋上緑化」といい、これには多くのメリットが存在しています。まず第一に、非常に高い断熱効果が期待できる、という点です。植物と土層が「外断熱」の役割を担ってくれるんですね。直射日光が当たるはずの屋上部分ですが、植物と土層の「外断熱」によって構造物に直射日光が当たるのを防いでくれるのです。そうなると構造物の温度上昇も抑えられ、エアコンなど空調の節約、節電へとつながるわけです。また、植物の蒸散作用によって周囲の気温が下がる「クールダウン効果」も期待できます。これは、都心部などで特に問題視されているヒートアイランド現象にとても効果的です。また、紫外線が構造物に当たるのをカットしてくれるので、構造物の劣化スピードを遅らせる働きもあります。他に、植物の緑が人に潤いと安らぎを与えてくれる、という点も屋上緑化の大きなメリットですね。

屋上緑化する際の注意点

メリットの多い屋上緑化ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。まず一つに、「構造物への負荷がかかる」という点です。築年数の古い建物は特にそうですが、屋上部分に荷重がかかるということを考慮されていない構造物が多くあります。緑化には植物と土が必要となりますが、「水を吸収した土」はかなりの重量となります。屋上緑化する際には「どの程度の面積を緑化したらどのくらいの荷重がかかるのか」を事前にしっかりとシミュレーションしておくことが大事ですね。また、屋上部分は強風にあおられやすい環境でもあるので、背の高い植物を植える際にはしっかりと固定するなど細心の注意が必要です。

屋上緑化はコンクリートジャングルと呼ばれる大都市の真夏の高温を防止する手段として注目を集めており、屋上に畑や緑のカーテンを設置するビルが最近では増加しています。